オンラインショップを立ち上げることは店舗をつくる、出店するということ。

お店を出すということは、商品を売る場所を作ることです。 立地を選び、看板、外装、内装を設置・施工し、棚を置き、レジを置き、接客のスタッフを開店から閉店まで回るように雇用し、シフトを作ります。

小さい店でも数百万円の後半、大規模になれば億以上の投資が必要で、なおかつ回収に7年前後かかるのが現状です。

それに比べ、オンラインショップを作るコストは数十万円から、数百万円の前半です。

しかし、まだ日本では、特に個人企業や中小企業には慣れた店舗開発や運営になっていないのが現状です。

オンラインショプという店舗を作るのに、実際販売している商品に即したコンテンツでなかったり、販売している商品とかけ離れたデザインであったりすれば(デザイン優先)消費者の心を掴むことはありえません。